※料金や営業時間等は紙面掲載時

★最新のピックアップは、ほうち楽ナビトップ

福岡ICHIBANのぼせ祭り2017
一斉に「カンパーイ」。会場は活気に満ちていた(昨年の様子)

※このイベントは終了しました

(2017/5/25掲載)

5月26~28日 福岡市役所ふれあい広場

福岡ICHIBANのぼせ祭り2017

 

「一番搾り 福岡づくり」樽生が飲める

 ビールと一緒に福岡ならではの料理を味わえる「福岡ICHIBANのぼせ祭り2017」(キリンビールなど主催)が26日から3日間、福岡市中央区天神の福岡市役所ふれあい広場で開かれる。テーマは「街がのぼせる3日間」。福岡に笑顔と活気を与えようとスタートした。昨年は3日間で約2万人を集客した人気イベントだ。


 「博多とろ牛カレー」や「博多鶏炭火焼」、「めんたいコロッケ」など、福岡県内を中心に約30店が出店。県外からも「日田焼きそば」、「中津からあげ」などがやってくる。「キリン一番搾り 福岡づくり」の樽生は1杯500円。福岡工場限定と、とことん福岡産にこだわったものだ。通常の「キリン一番搾り」との飲み比べセット(各1杯ずつで900円)もある。


 様々なステージイベントも用意され、その周りの「巨大立ち飲みゾーン」は多くの人でにぎわいそうだ。主催者は「福岡のビールと料理をたくさん味わって、お客様同士で楽しく会話しながら盛り上がってください」とPRしている。


 26日は午後1時、27日は午前11時からで、ともに午後9時まで。28日は午前11時から午後6時。(問)実行委員会092-734-5462


うおっと驚キ北海丼
「北海道×九州グルメ」エリアの「うおっと驚キ北海丼」

(2017/4/27掲載 ※抜粋)

※このイベントは終了しました

 

ゴールデンウィーク注目イベント

FBSめんたいワイド食パラダイス2017

 

4月28日~5月7日
 
 

福岡市中央区 舞鶴公園西広場特設会場

 『めんたいワイド「食パラダイス2017」』(FBS福岡放送、読売新聞西部本社主催)は、28日から5月7日まで、福岡市中央区の舞鶴公園西広場特設会場で開催される。午前10時~午後10時(28日は正午から、7日は午後7時まで)。入場無料。

 

 「食べて!飲んで!爆笑ステージ!みたいけん。FBS」がテーマ。「北海道×九州グルメ」、「ベルギービール」、「肉パーティ」の3つのエリアに分かれ、全国各地から人気のグルメが一堂に集まる。また、多彩なステージイベントも用意されており、多くの来場者でにぎわいそうだ。


 「北海道×九州グルメ」エリアには、それぞれの特色を生かしたラーメンやどんぶりのほか、スイーツなどの人気メニューが並ぶ。

 

 「ベルギービール」エリアでは、約30種類が楽しめる。全国各地で開催され人気の「ベルギーピールウィークエンド」。今回はそのスピンオフ企画として実施される。


 「肉パーティ」エリアでは、九州はもちろん、全国各地から12の有名店が出店。人気の味をじっくりと堪能したいところだ。


 また、同局の番組「めんたいワイド」を会場から生中継するほか、連日、人気芸人の「お笑いステージ」で盛り上がる。
 (問)FBS福岡放送事業部092-532-1111


青蓮寺
青蓮寺阿弥陀堂

(2017/3/9掲載 ※抜粋)

相良700年の文化にふれる旅

人吉球磨の「日本遺産」(下)

 

 熊本県の人吉球磨地域「日本遺産」をめぐる旅の後半は多良木町、水上村、錦町を訪ねた。「相良700年」が生んだ独自の文化にふれることができる。 加藤 博之
 
 

高さ13メートル 熊本県最大のかやぶき屋根

青蓮寺阿弥陀堂

 1295年(永仁3年)の創建。鎌倉時代以降の上相良氏の菩提(ぼだい)寺。室町時代中期に再建されたお堂は、高さは13メートルあり、かやぶき屋根のものでは熊本県最大。飛騨の工匠の造作と伝えられており、国の重要文化財に指定されている。中世的な景観を今に伝える代表的な建造物で、「相良700年」の歴史を語る上でも欠かせない。 多良木町黒肥地3992(問)町教育委員会0966-42-1267

こま猫
生善院では「こま猫」に迎えられる

通称「猫寺」こま猫がお出迎え

生善院観音堂

 1625年(寛永2年)の創建。通称「猫寺」。こま犬の代わりに「こま猫」が参拝客を迎えてくれる。門をくぐると、正面に本道、右手に国の重要文化財に指定されている観音堂がある。観音堂は、人吉藩で化け猫騒動が起きた時、その怨霊を鎮めるためにつくられたと伝わる。 水上村岩野(問)村教育委員会0966-44-0333

 

新宮寺六観音

 「相良三十三観音めぐり」が日本遺産に認定されており、その32番札所。江戸時代に人吉球磨の観音堂が選定され、巡礼が始まったとされている。以来、各札所は地域住民の信仰を集め続けている。熊本県内屈指の紅葉スポット。 錦町西久保宇野1670(問)町役場0966-38-1111

 

日本遺産

 地域の文化財の保護にとどまらず、観光をはじめとする地域振興への活用も図る目的で国が2015年に制度化。同じ文化を持つ地域を面的にとらえるのが特徴で、現在全国に37地域。九州・山口地方では、人吉球磨地域のほかに▽古代日本の「西の都」 東アジアとの交流拠点(福岡県太宰府市)▽国境の島 壱岐・対馬・五島 古代からの架け橋(長崎県対馬市、壱岐市、五島市、新上五島町)▽日本磁器のふるさと肥前 百花繚乱のやきもの散歩~(佐賀県唐津市、伊万里市、武雄市、嬉野市、有田町、長崎県佐世保市、平戸市、波佐見町)など6地域が認定されている。


青井阿蘇神社
青井阿蘇神社

(2017/3/2掲載 ※抜粋)

 

早春の山里を訪ねて

人吉球磨の「日本遺産」(上)

 

 熊本県の内陸に位置する人吉球磨地域は、鎌倉から江戸期にかけて相良氏が治めた。この長い治世の間に独自の文化が醸成された。域内にある41の文化財は2015年、地域全体の文化保存と継承、観光などへの活用を目指す「日本遺産」に認定されている。早春の山里を訪ねて取材した。2回にわたって紹介する。  加藤 博之

 

青井阿蘇神社

 平安時代初期の806年(大同元年)に創建された。地元では「青井さん」の愛称で親しまれている。
 本殿、廊、弊殿、拝殿、楼門が2008年、かやぶきの社寺建築としては初めて国宝に指定された。ほぼ一直線に並ぶこの5棟は1610年(慶長15年)から4年かけて造営された。中世人吉球磨地方の独自の意匠を継承した建造物に、装飾や彫刻は華やかな桃山時代の様式を取り入れた。神社および「おくんち祭」が日本遺産に指定されている。
 隣接する「文化苑」は有料。大人300円。小学中学高校生100円。幼児無料。30人以上の団体は1割引。開場時間は午前10時~午後4時。月曜定休。
 人吉市上青井町118(問)0966-22-2274

雨宮神社と川辺川
左奥の丘が雨宮神社。確かに「トトロの森」だ(相良村提供)

高寺院

 1198年(建久9年)より古い時期の創建と伝えられ、人吉球磨では最も古い寺院とされている。本堂の脇を抜け、375段を登り切ると、毘沙門堂が現れる。寺は国重要文化財の木造毘沙門天立像3体を所蔵。本堂の収蔵庫に安置されている。拝観を希望する場合は必ず予約を。
 山江村山田甲1640(問)0966-23-3051

 

雨宮神社

 太古に川辺川の浸食によって出来た小さな丘にある日本遺産。丘の遠景がアニメ「となりのトトロ」で描かれた森林の形に似ていることから「トトロの森」とも呼ばれている。
 森の中に巨岩のトンネルがある。くぐれば「三産(しゃんしゃん)くぐり」の御利益。「幸せを産む」「安産」「金を産む」の三産だ。
 相良村川辺5886(問)村教育委員会0966-35-1039

 

日本遺産とは

 地域の文化財を面的にとらえ、保護と活用を図る目的で2015年に国が制度化。全国で37の地域が認定されている。人吉球磨地域では人吉市、錦町、あさぎり町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、五木村、山江村、球磨村の文化財41件。「相良700年が生んだ保守と進取の文化 日本でもっとも豊かな隠れ里」と意義づけされ、歴史探訪や野山散策の適地となっている。


雄川の滝
雄川の滝

(2017/2/2掲載 ※抜粋)

 

壮大な眺めに感動 グルメ、温泉も満喫

南薩の旅(下) 大隅半島

 

 フェリー「なんきゅう」で行く旅の後半は大隅半島。山川港(指宿市)を出た「なんきゅう」は、心地よい風を受けながら東へ。約50分で根占港(南大隅町)に接岸した。大隅半島でも、数々の観光スポットが待っていた。  加藤 博之

 

雄川の滝

 南大隅町の中心を流れる雄川上流。滝まで1・2キロの遊歩道が整備されている。高さ46メートル、幅60メートルの壮大さ。流れ落ちる水を受ける滝つぼは、エメラルドグリーン。心身ともに癒やされそうだ。
 (問)町企画観光課0994-24-3115

新平酒造
新平酒造

新平酒造

 大崎町にある、芋焼酎の「金計佐(きんげさ)」の蔵元で1896(明治29年)の創業。工場はレンガ造り。良質なサツマイモを収穫日のうちに蒸すことで、うまみを最大限に引き出すという。「金計佐」は、木樽蒸留で古き味わいを再現。試飲可。販売も。
 大崎町横瀬2366(問)099-476-0024

 

荒平天神

 鹿屋市天神町。錦江湾岸にある。砂の参道(砂州)から天神島に建つ本殿へ。受験生も多く訪れる。桜島から開聞岳まで見渡せる。特に夕日の美しさは壮観。
 (問)市ふるさとPR課0994-31-1121

児玉醸造石蔵直売所
児玉醸造石蔵直売所

児玉醸造石蔵直売所

 東串良町。8種類の醤油(しょうゆ)を販売している。味見をしてから購入できる。米の貯蔵庫だった石蔵を改造した店内のたたずまいも、女性客に好評で観光スポットのひ
とつ。月~金。午前10時~午後6時。土曜は不定休。日祝日休み。
 東串良町池之原972の1(問)0994-63-3691

 

猿ヶ城渓谷 森の駅たるみず

 垂水市の高隈山の麓。木と木の間に張られたワイヤロープを滑り降りる「ジップライン」でスリルと爽快感を楽しむ。ウェットスーツを着て渓流を下る「キャニオニング」(
夏場限定)も人気。マス釣り、バームクーヘンやピザ作り体験も。楽しんだあとはラドン温泉へ。宿泊用のコテージは古民家風2棟と洋風6棟。
 垂水市新御堂1344の1(問)0994-32-9601

 

フェリー「なんきゅう」

 南九船舶が運航。1日4~5往復。片道約50分。車両は3メートル未満2500円~(運転手運賃込み)。人だけの場合は中学生以上700円、小学生以下400円。(小学生未満は大人1人につき1人無料)。4月には、指宿港と根占港を約20分で結ぶ高速船も就航予定。

 (問)山川営業所0993-34-0012、根占営業所0994-24-2531


釜蓋神社
釜蓋神社の鳥居から本殿まで、頭上の釜蓋を落とさずに行けば願いがかなうという

(2017/1/26掲載 ※抜粋)

 

食」に「絶景」「温泉」も

南薩の旅(上) 薩摩半島

 

 薩摩と大隅。鹿児島県にある2つの半島だ。温泉や絶景、そして新鮮な海産物や芋焼酎などの「食」を満喫できるスポットとして注目を集めている。薩摩半島の山川港(指宿市)と大隅半島の根占港(南大隅町)を結ぶフェリー「なんきゅう」に乗れば両半島の観光が手軽に楽しめる。取材記を2週にわたって紹介する。まず薩摩半島から。 加藤 博之

 

釜蓋神社

 開運と勝負にご利益があるとされる。正式名称は射楯兵(いたてつわものぬし)神社。女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」など、有名スポーツ選手が訪れたことで広く知られるようになった。釜を頭の上に乗せて祈願するユニークな参拝スタイルも評判だ。
 南九州市頴娃町別府6827。(問)0993-38-2127

茶寿会グリーンティーリズム
「茶寿会」が提案しているグリーンティーリズムは緑をめぐる旅

 大野岳公園

 山頂からは、南九州市の茶畑が一望できる。地元のお茶農家ガイドが案内してくれる「グリーンティーリズム」が人気。米寿、白寿の次は108歳を祝う「茶寿」。それにちなみ大野岳に登る途中には108段の「茶寿階段」がある。散策後は古民家を改修したカフェで、ひと息。来客の接遇に当たる「茶寿会」の上野亜由美さんは「この地の水を使ったお茶の味は格別です」と話してくれた。
 (問)茶寿会0993-36-3070

 

うなぎ温泉郷

 指宿市山川鰻地区にある鰻池の近くで湧いている。のどかな風景の中にあり、西郷隆盛が湯治したことでも知られている。温泉の噴気はあちこちで見られ、民宿などで「スメ」(温泉の蒸気を利用した天然のかまど)を使った料理を楽しむことが出来る。温泉卵をはじめ、鶏や芋、そら豆などの蒸し料理は格別だ。

 (問)市観光課0993-22-2111

知林ヶ島
知林ヶ島は「縁結びの島」とも呼ばれている

 知林ヶ島

 指宿市内にある周囲約3キロの無人島。別名「縁結びの島」と呼ばれる。3月から10月にかけての大潮、中潮の干潮時に、長さ約800メートルの砂州が出来る。
 (問)市観光課

 

フェリーなんきゅう
約50分の船旅。風が心地いい

フェリー「なんきゅう」で手軽に半島めぐりが楽しめる

 南九船舶が運航している。九州本島では最南端を発着するフェリー。1日4~5往復。片道約50分。車両は3メートル未満2500円~(運転手運賃込み)。人だけの場合は中学生以上700円、小学生以下400円。(小学生未満は大人1人につき1人無料)。4月には、指宿港と根占港を約20分で結ぶ高速船も就航予定。

 (問)山川営業所0993-34-0012、根占営業所0994-24-2531

 


(2017/1/19掲載)

※このイベントは終了しました

 

北の味覚からスイーツまで!! 全国57店一挙集結

全国うまいもの博

大丸福岡天神店21日から

 

 全国の日本テレビ系列局が選んだ逸品による「ズームイン!!サタデー 全国うまいもの博」(FBS福岡放送、日本テレビ放送網主催)が、福岡市中央区天神の大丸福岡天神店で21日から30日まで開かれる。57店が出店する。

 

 この時期恒例の人気企画で、例年約10万人が来場する。食通が認めた人気店、有名店に「隠れた名店」も。初登場するのは加藤牛肉店(横浜市)の山形牛サーロインステーキなど19店のメニュー。

 名店の、ほんの一端を紹介すると――。

 

旭川駅立売商会(北海道旭川市)

 「蟹盛三色弁当」=写真=は、北の味覚ウニ、イクラ、カニがたっぷり。ズワイガニの棒肉は昨年から、さらにボリュームアップした。ほんのり香る酢飯との相性も抜群だ。

 

銀座白金や(東京都中央区)

 「ぎんざプラチナや」と読む。「一口いなり末広」=写真=の有名店。銀座の歌舞伎座横にあり歌舞伎俳優も買い求める。「舞台へ出られる俳優さんへの、お部屋見舞いなどの品に多く利用されます」と主催者。ゆず、しそ、れんこんなど、にぎりずしサイズの8個入り。

 

 このほか、むしやしない処 仁々木(京都市東山区)は「いちご大福」で人気を集めそう。
 また花月堂(東京都台東区)は浅草で大人気の「元祖ジャンボめろんぱん」を販売する。

 

福岡放送事業部の野上克郎プロデューサー「今年は初の1月開催。ウニ、カニ、イクラなども充実し、初登場や行列店、山形牛や近江牛など、九州ではめったに食べられない品もそろいます。ぜひ、ご来場して味わってください」

 

全国うまいもの博
午前10時~午後8時。最終日は午後6時まで。中央区天神1の4の1。092-712-8181