旅ゴコロ~鹿児島県~

(2018/3/22掲載)

花と渓谷と温泉のまち

鹿児島 垂水市

 鹿児島県大隅半島の北西部に位置する垂水市。海、山、渓谷など自然にあふれ、温泉や海の幸を思う存分堪能することが出来る。鹿児島市内からフェリーで約40分。訪れた人だけが味わえる「ここでしか出来ない体験」を求めて、「花と渓谷と温泉のまち」を旅した。 (加藤 博之)

鹿児島県垂水市 桜島
見る角度によって、その表情を変える桜島。左手には海潟港に浮かぶ江之島が見える
鹿児島県垂水市 森の駅たるみず
天然ラドン療養泉のサンドバス。サウナとはまた違った感覚で、デトックス効果も抜群だ

【癒】

日本屈指の含有量 天然ラドン療養泉

猿ヶ城温泉 森の駅たるみず

 澄み切った森の空気を、胸いっぱいに吸い込んだ。垂水港から車で約10分のところにある「森の駅たるみず」。高隈連山の麓にあるレジャー施設で、スリル満点の「ジップライン」や、ウェットスーツを着て渓流を下る「キャニオニング」など体験型の観光が楽しめ、夏休みは多くの家族連れでにぎわう。

 

 訪れた日は、あいにくの曇り空。体験型観光も魅力だったが、日本屈指の含有量を誇るラドン療養泉に入ると「疲れた体が信じられないくらいリフレッシュ出来る」と聞き、「エステ&スパ体験」をやってみた。

 

 まずはサンドバス体験。50度のラドン療養泉であらかじめ温められた直径3ミリほどのセラミックボールが、浴槽に敷き詰められている。天然鉱石を加工したもので、肩から足までが埋まるように、その中に横たわる。根っからのサウナ好き。砂むし風呂も経験したことはあるが、そのどちらとも、まったく違った。

 

 ドクン、ドクン。ほどなくして、心臓の鼓動に合わせて手足の先が脈打つような感覚になった。血液の循環がよくなったのが、ありありと感じられる。約15分の入浴だが、圧迫感や重さはそれほどない。体中から汗がわき出てきた。老廃物を体外に出すデトックス効果も抜群のようだ。

 

 ラドンの含有量は111ベクトル/キロ以上になると、「療養泉」と呼ばれる。猿ヶ城温泉のラドン療養泉は3140ベクトル/キロと含有量は九州一を誇り、痛風や関節リウマチなどに効果があるとされる。

 

 続いて、リンパマッサージ。サンドバスの後に受けると、よりその効果が増すという。エステと聞くと女性のものという印象だが、最近は体のメンテナンスやリフレッシュのために訪れる男性も増えてきているとのことだった。

 

 ゴクッ、ゴクッ。約2時間ほどですべての行程を終え、ペットボトルの水を一気に飲み干した。細胞の隅々まで行き渡っていくようだ。体中の水分が入れ替わったような爽快感があった。

 

 屋外に出ると、太陽が顔をのぞかせ、青い空が見えた。いろんなことを体験したようで、何もしていないような気もした。こんな風にのんびりする旅も悪くない。

 

 もう一度、思い切り森の空気を吸い込んだ。

【森の駅たるみず】

 家族で遊べるレジャー施設で、一度訪れたらやみつきになること間違いなしだ。往復で全長310メートルの「ジップライン」(1人1700円)、猿ヶ城渓谷を下る「キャニオニング」(大人6000円、小学生以下4000円)(夏季限定)のほか、「マス釣り体験」(1000円)なども楽しめる。天然ラドン療養泉は大人490円、小学生240円。「サンドバス」は3つの個室があり、1人1980円。「エステ&スパ」のコースは2000円から。宿泊コテージが8棟あり、1泊2食で大人6500円(土、日、祝、祝前日は大人7500円。年末年始などは特別料金)。(問)0120-901-917

鹿児島県垂水市 薩摩明治村
脂の乗ったブリを豪快に鍋に入れて食べる

【食】

海の幸満喫 広がる大パノラマ

【薩摩明治村】

 垂水を訪れたなら、海の幸を満喫しない訳にはいかない。今回は宿泊した薩摩明治村で夕食に「垂水産ぶりの寄せ鍋コース」を堪能した。ブリ、野菜の食べ放題と飲み放題が付いて、1泊2食で大人6500円(土、日、祝、祝前日は大人7500円)。脂の乗ったブリからうま味が鍋にしみ出して、垂水産の芋焼酎が進んだ。

 

 かけ流し天然温泉の露天風呂からは桜島の雄大な景色が楽しめる。歩いてすぐの展望所からは、鹿児島湾や開聞岳も一望できる大パノラマが広がる。

 (問)0120-374-026

鹿児島県垂水市 江之島
NHK大河ドラマ「西郷どん」の冒頭シーンに登場する江之島

【眺】

西郷どんに登場

【江之島】

 南北約500メートル、東西約200メートル、標高56メートルの海潟港に浮かぶ小島。NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」を見ている人なら、この写真に思い当たるところがあるかもしれない。ドラマ冒頭のテーマ音楽が流れるシーンの最後の方に、江之島の向こう側に桜島がそびえる映像が登場する。

 

 この角度からの桜島は、どこか女性的で優しいたたずまいだ。露天風呂から江之島と桜島が一望できる宿「江洋館」の堀之内順さんは「雨上がりの朝などにはとても近くに感じられ、迫力があります」と話す。西郷どんゆかりの地をめぐるなら、ちょっと足を伸ばしてここからの景色を楽しむのもいいかもしれない。

鹿児島県垂水市 薩摩ボタン
絵付けと焼き付けの行程を最低でも5回は行う。一つ一つ丁寧に手作業で作られる

【技】

薩摩ボタン

 きめ細かに絵付けされた、鮮やかな色合いに、目を奪われた。ボタンというよりもむしろ芸術作品と言っていいだろう。薩摩焼「白薩摩」の上に広がる小さな世界には、花鳥風月など様々なものが描かれている。

 

 江戸末期には、薩摩藩の倒幕運動に必要な外資を得るために作られていたとも言われている。一時歴史が途絶えていたが、絵付け師の室田志保さんが復活させた。垂水市の大野地区にあるアトリエで、一つ一つ丁寧に作られた作品の数々は見事の一言だ。(問)「絵付ヶ舎 薩摩志史」0994-32-7209

鹿児島県垂水市 新タマネギ
みずみずしさが特長の垂水の新タマネギ。サラダにすると、そのうま味が実感できる

【穫】

垂水の新タマネギ

 「旬」を迎えたタマネギ畑を訪れた。茎の折れ曲がっているのが、収穫のタイミングだという。手で触って、大きさを確認してから収穫する。とれたてを「そのまま食べてみて」と言われ、土が付いたままだったが、皮をむいてかぶりついた。「うまい!」。甘みとみずみずしさがあって、まるで果物のようだった。「収穫体験ツアー」は人気で、すぐに定員に達するというのも、よく分かる気がした。

 

鹿児島県垂水市 とんとこ漁
とんとこ海老のスープは深海エビ特有の甘みが特長

【産】

伝統漁法で収穫 深海エビのスープ

 お土産には、ナミクダヒゲエビを天日干しして、うま味を凝縮させた「とんとこ海老のスープ」を選んだ。そのまま飲むだけでなく、料理にも使えるとのこと。江戸時代から伝わる「とんとこ漁」と呼ばれる独特の底引き網漁で収穫する。水深が200メートル以上あり、ミネラル豊富な鹿児島湾だからこその特産品。深海エビ特有の甘みが特長だ。

 (問)たるみず畑0994-45-5580


【スポーツ合宿】

 垂水市は高校や大学生のスポーツ合宿にも力を入れており、高校サッカーの強豪校・鹿児島実業などが例年合宿を行っている。温泉とおいしい食事はスポーツマンにとってはうれしい限り。ハードな合宿を行うことで、垂水は学生らにとっても思い出深い場所となる。卒業後に、プライベートで家族や友人と訪れるリピーターも多い。

【交通手段】

 鹿児島市内の鴨池港と垂水港を結ぶフェリーで約40分。1日25便。中学生以上480円、中学生未満240円。鴨池営業所099-256-1761、垂水営業所0994-32-0001


垂水市のイメージキャラクター「たるたる」
垂水市のイメージキャラクター「たるたる」
ほうち楽ナビ
旅ゴコロ~長崎県~
旅ゴコロ~熊本県~
旅ゴコロ~鹿児島県~