旅ゴコロ~熊本県~

(2018/2/25掲載)

“幻の一杯”求めて

阿蘇・高森町「新酒とふるさとの味まつり」

 水と米に恵まれた熊本県高森町にある1762年創業の山村酒造は、阿蘇のカルデラ内唯一の酒蔵だ。ここで造られる「霊山新酒」を味わえるのは、「新酒とふるさとの味まつり」が開かれる2月11日から3月11日の1か月間のみ。しかも町外不出のため、高森町でしか飲むことはできない。「幻の一杯」を求めて、足を運んでみた。 加藤 博之

熊本県高森町 山村酒造 新酒とふるさとの味まつり
30回目を迎えた「新酒とふるさとの味まつり」は高森町の恒例行事だ

町外不出の「生酒」味わえるのはこの時期だけ

 キリリとして、すっきりとした飲み口。それでいて、しっかりとした日本酒そのものの「うまみ」が感じられる。一口飲んで思わず、「おいしい」と声に出していた。これなら何杯でも飲めそうだ。

 

 今年30回目を迎えた「新酒とふるさとの味まつり」。11日のオープニングセレモニーは、「今年の新酒はどんな出来だろう」という期待と、解禁日の高揚感で、にぎわいを見せていた。非加熱の生酒のため、持ち帰り用の販売はなく、高森町の飲食店でしか味わえないとあって、町外からも多くの人が楽しみに訪れていた。

 

 おいしい酒が生まれるには、米と水はもちろん、その土地の気候も大きな要素だ。「厳しい冬、涼しい夏が大事」と話すのは、山村酒造の13代目当主の山村唯夫さん(65)。そしてもう一つ大切なのが人だ。連綿と受け継がれてきた技術、知恵、経験が、毎年この季節に味わえる一杯に凝縮されているのだろう。

熊本県高森町 山村酒造
酒造りは「チームワークが大事」と話す当主の山村唯夫さん(左)と杜氏で長男の純平さん

今年の出来に自信

 現在、杜氏(とうじ)は、唯夫さんの長男・純平さん(36)が務めている。酒造りは体力勝負。「酒は麹(こうじ)、酵母が造ってくれますから。大事なのはそれをサポートする人。手を抜かないようにとやっています」。丹念に造った酒をたくさんの人に「おいしい」と言ってもらえることが、何よりの喜びだ。

 

 「新酒」は秋の季語だと教えてもらった。春に田植えをし、実りの秋を迎える。そして酒造りは10月にスタートする。農家や杜氏の手間と思いが重なって、新たな一杯が生まれるのだ。「今年は冬が寒く、いい出来ですよ。ぜひ高森町に飲みに来てください」と、唯夫さんはうなずいた。

 

 今回は「田楽」や「ふ菜やき」など、この地域ならではの「食」も合わせて堪能した。阿蘇の水、米、気候が生んだ「霊山新酒」とともに、大地の恵みを実感することが出来た。

山村酒造の霊山新酒
山村酒造の霊山新酒

【新酒とふるさとの味まつり】

 今年の新酒まつりには、300ミリ・リットルの「霊山新酒」が5000~6000本用意されている。期間中は様々な催しがあり、町内の飲食店や宿泊施設などで味わえる。3月11日には、「ラストイベント」(午前11時~午後3時)が町内の観光交流センターで開かれる。樽酒のふるまいや郷土料理の実演販売などが行われる。(問)高森町観光協会0967-62-2233

 

【さけかすさんぽ】

 3月11日まで。山村酒造で出来る絞りたての酒粕(さけかす)を使って、町内の15店舗がオリジナルの商品を販売するイベント。「阿蘇山チーズの粕漬」(徳丸漬物)、さけかすプリンなどが付いた休暇村南阿蘇の「さけすランチ」が人気。スタンプラリーも行われており、「新酒まつり」と合わせて楽しみたい。

ほうち楽ナビ
旅ゴコロ~長崎県~
旅ゴコロ~熊本県~
旅ゴコロ~鹿児島県~