旅ゴコロ~長崎県~
  ※料金や営業時間等は紙面掲載時

(2018/4/12掲載)

潜伏キリシタンゆかりの地を訪ねて

長崎・佐世保 黒島

 7月の世界文化遺産登録を目指す「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。12の構成遺産の一つに「黒島の集落」がある。同島は長崎県の九十九島の中で最も大きな島で、佐世保市の相浦港からフェリーで約50分の所にある。潜伏キリシタンたちはこの島で、約250年にわたる宗教弾圧に耐え、信仰を守り継いだ。祈りに満ちた島に渡った。 (加藤 博之)

黒島天主堂
西洋と東洋の建築技術が融合した黒島天主堂。基礎には黒島特産の御影石が使われている

当時の思い伝える「黒島天主堂」

 その問いは、島を旅をしている間、ずっと頭の片隅にあった。なぜ潜伏キリシタンは250年という長い間、信仰を守り続けることが出来たのだろう。彼らの心を支え続けたものは、何だったのか。向かったのは「黒島天主堂」。禁教令が解かれた後、フランス人のマルマン神父の指導で1902年(明治35年)に建てられた。

 

 そのレンガ造りの建物は、港から約1・5キロの所にある。扉を開け中に入ると、高ぶっていた気持ちが、不思議と静まっていくような気がした。祭壇の床には有田焼が使われ、見上げると見事なコウモリ天井があった。ステンドグラスから差し込む光が、荘厳な雰囲気を生み出している。

 

黒島天主堂
ガイドを務めてくれた大村さん。島を巡りながら、信仰を守り抜いた潜伏キリシタンに思いをはせた

250年守り継いだ「祈り」今も

 今回案内してくれたのは、黒島観光協会の大村正義さん(78)。島の観光ガイドを長く務めている。大村さんは潜伏キリシタンの子孫で、祖父は勤労奉仕で黒島天主堂の建設に携わった。「私はおじいちゃん子で、小さい頃から信仰を守ったらお恵みが返ってくると教えられてきました」と話してくれた。

 

 黒島には今でも多くのカトリック教徒が暮らしている。江戸幕府による禁教令が全国にしかれたのは1614年。その後、島外から潜伏キリシタンが移住してきて、表向きは仏教徒として振る舞いつつ、観音菩薩像を聖母マリア像に見立て、ひそかに祈りをささげていたという。

 

 島を訪れた日は快晴で、「マリア観音」を安置していた興禅寺からは、青い海が見渡せた。潜伏キリシタンのことを思った。晴れの日も雨の日も、この景色を見ただろうか。そこには、漁をして、野菜を作り、泣き、笑う、今を生きる僕らと同じような日常があったのだろう。そして、彼らはどんなことがあっても信仰だけは捨てなかった。

 

 結局、問いの答えを見つけることは、出来なかった。ただ大村さんの言葉の中に、強く印象に残るものがあった。「(信仰は)心の支えだったのだと思います。私たちも教会に入るだけで心が落ち着いて、やすらぎますから」。大村さん夫妻は今も毎日、午前5時50分から黒島天主堂で行われる「ミサ」に通い続けている。


(2018/2/15掲載)

佐世保で堪能「長崎和牛」

和牛オリンピックで高評価

 長崎和牛は、5年に1度行われる和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」で、常に高い評価を得ている。昨年開かれた第11回大会では「特別賞」(肉牛部門)を獲得。2012年の第10回大会では最高賞の「内閣総理大臣賞」(同)に輝いた。その長崎和牛の「うまみ」を探求しようと佐世保市へのツアーに参加、「セリ」を見学し、バーガーやステーキを食べ尽くしてみた。 加藤 博之

長崎和牛
きれいなサシの入った長崎和牛。2012年の和牛オリンピックでは最高賞を得た
長崎和牛 ステーキ 鉄板焼き
長崎和牛の「うまみ」を鉄板焼で堪能した

バーガー、ステーキに舌鼓

 迷わず、かぶりついた。たっぷりの肉汁とベーコンの香りが口の中に広がっていく。佐世保市内にある「バーガーショップあいかわ」の自家製ベーコンバーガーは、評判通りの味だった。長崎黒毛和牛100%のパティを使った佐世保バーガーは観光客に大人気だ。

 

 ここは精肉店「肉の相川」直営のバーガーショップ。「使っているのは、ほとんどがA5等級の肉ですよ」と代表の相川博幸さん。「セリ」で丸ごと仕入れてくるから、高級ランクの肉を使ったぜいたくな味が楽しめるのだ。

 

長崎和牛 佐世保 バーガーショップあいかわ
「バーガーショップあいかわ」では様々な種類のバーガーが味わえる。どれもボリューム満点だ

セリも見学

 この日、佐世保市内の「食肉センター」で月例会の「セリ」が行われるということで、見学に行った。食肉の卸売市場は、九州では福岡、熊本と、ここの3か所のみ。ここでは年間約1万頭の牛肉が売買される。

 

  場内には肉質の等級や皮下脂肪などの数値を表示するモニター画面があり、初値は肉のランクによって設定されていた。「セリ室」と呼ばれるガラス張りの部屋の中に、つるされた枝肉が次々と登場し、買取人が競り落としていく。1キロ2000円以上する長崎和牛が現れると、威勢のいいセリ人の声は、さらに弾んで聞こえた。

 

 相川さんは、この道50年以上の目利き。「薄めのピンク色の方が肉が柔らかいです。指で触った時に、脂が溶ける感じだと口の中でも同じような感じになります」と教えてくれた。

長崎和牛 競り
繁殖農家と肥育農家が大事に育てた長崎和牛がセリにかけられる

 長崎和牛は、なめらかな肉質、豊かな風味が特長と言われる。シンプルにそのおいしさを味わいたいなら、ステーキがいいかもしれない。ホテルオークラJRハウステンボス内の鉄板焼「大村湾」で、サーロインとヒレ肉を食べた。赤身の持つうまみと、脂身との絶妙のバランスがたまらない。使われていた三川内焼きの器も素晴らしかった。

 

 1日かけて堪能した長崎牛。肉そのものの味はもちろんだが、佐世保バーガーなど食べ方も地域色にあふれていて、足を運んだ価値は十分にあった。


(2017/10/26掲載)

小値賀島のおもてなし

 東シナ海に浮かぶ小値賀(おぢか)島は、長崎県五島列島の北に位置する。人口約2500人の小さな島には、美しい海岸線や手つかずの自然が多く残る。コンビニエンスストアもないこの島の一番の魅力は、ここで暮らす人々の温かみ。遣唐使の時代から多くの船が行き来する交通の要衝だったこともあり、他者をもてなす風土が育まれてきたのだろう。古き良き日本が感じられる「おもてなしの島」を訪ねた。 加藤 博之

小値賀島 民泊 食卓
これぞ漁師の食卓。鮮度抜群の魚が食べられる

民泊で里帰り気分

 食卓をたくさんの料理が彩っていた。ハガツオ、ハマチ、イサキなどの新鮮な刺し身。さらにアジフライや、畑で取れたばかりの野菜の天ぷら、自家製のゴマ豆腐。小値賀島で漁業を営む宇戸正一郎さん(73)、靖代さん(72)夫妻の家で、夕食をごちそうになった。食べきれないほどの料理を並べるのが「おぢか流」のおもてなしだ。

 

 佐世保港から高速船「シークイーン」で約1時間30分。西へ約70キロに位置する小値賀島は、島の暮らしを味わえる「民泊」や、魚釣りなど体験型の観光などに力を入れている。おぢかアイランドツーリズム協会の前田敏幸さんは「島に昔からあったものを観光素材として生かしています。日本各地にあった昔ながらの暮らしを楽しんでほしい」と話す。

 

 宇戸さん夫妻も、観光客を受け入れるようになって11年になる。靖代さんは「いろんな方が来てくれるのが楽しくて今まで続けてこれました」と笑う。「そこのダイコンをおろして、こっちの皿に盛りつけてちょうだい」。そんな会話を交わしながら夕飯の準備を手伝っていると、里帰りしたような気分になった。

 

 本業では、ヒラメ、カワハギ、イサキと、季節によってとれる魚が変わる。この日は、偶然刺し網にかかっていたツバメウオの煮付けにありつけた。普段、市場に並ぶことはない魚という。これも「民泊」ならではだろう。

小値賀島 夕日
美しい自然が多く残されている。西の海に沈む夕日もその一つ

小魚釣り&料理づくり体験

 シーカヤックや魚釣りなど体験型プログラムも多彩。今回は「小魚釣り&料理づくり体験」に挑んだ。釣りの経験がない子どもや女性にも人気だという。潮風を感じながら、防波堤で糸を垂らす。小さなアジを数匹釣り上げることが出来た。釣った魚は教えてもらいながら、自分でさばく。お皿に盛りつけたら、さあ乾杯だ。島での暮らしのこと、かつて栄えたアワビ漁の話、様々な話題に花が咲く。焼酎を傾けながら、話が尽きることはなかった。

 

 翌日。帰りの船を待っていると、靖代さんが港まで見送りに来てくれた。「また、来てね」。人のおおらかさや温かみに触れる、こんな旅もいいな。海風を感じながら、そう思った。

【民泊】1泊2食に、一つの体験プログラムが付いて8000円。

 

【古民家ステイ】島内に6軒あり1人1万2500円から。利用は6人まで。料金は季節や利用人数、棟によって異なる。自炊も可能。

 

【小魚釣り・料理づくり体験】1人5000円。午後4時から同8時頃。道具や餌は準備してくれる。

 

【交通】博多港や佐世保港からフェリーや高速船で。島内にはレンタカーやレンタサイクルがある。

 宿泊や体験プログラムの問い合わせは「おぢかアイランドツーリズム協会」0959-56-2646まで。


【晋弘舎活版印刷所】

 創業は約100年。昔ながらの活版印刷を続けている。ここで印刷された町営船の切符や名刺などからはカラーの高速印刷機にはない、ぬくもりが感じられる。島で生まれ育った4代目の横山桃子さん(29)は「いいものを残して、その良さを発信していきたい。小値賀の一番の魅力は人です」と話す。事前に連絡して、作業中でなければ、印刷所内を見学することができる。(問)095956-2011

野崎島 旧野首教会

【野崎島】

 小値賀島から町営船で約20分の所にある。透き通るような海を見下ろす丘に、1908年に建てられた旧野首教会=写真=がある。段々畑にたたずむレンガ造りの天主堂からは、かつて潜伏キリシタンの集落があった名残りが感じられる。「野崎島の集落跡」は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」としてユネスコの世界遺産暫定リストに載っており、来年7月の登録を目指している。約400頭の野生のシカが生息する。