【フルコンタクト空手】江口3兄弟そろい踏み&亀山真 円熟期迎え幅広がる/新極真会全日本大会 福岡支部出場選手紹介(中)

第52回全日本空手道選手権大会 11月21、22日開催

 フルコンタクト空手の男女の日本一を決める「第52回全日本空手道選手権大会」(新極真会主催)は1週間後の21日、東京で幕を開ける。2日間にわたって繰り広げられる熱いバトルに、福岡支部からは全国で最多となる男女合わせて11人が参加する。その精鋭を紹介する2回目。今回は、江口智晴(26)、雄智(24)、智翔(20)の3兄弟に、亀山真(28)。上位進出を目指す4人は、大会を見据え最終調整に入った。なお、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今大会は無観客開催となる。

3兄弟そろっての全日本大会は2度目となる。(左から)長男・智晴、次男・雄智、三男・智翔

江口雄智 パワー断然!堂々のV候補

「優勝を目指す」と誓った江口雄智

世界王者との距離つかむ

 背負うゼッケンは1番。江口雄智が堂々の優勝候補として、決戦に臨む。「いつも優勝は狙っているんですけど、応援してくれる福岡支部のみなさんに届けられていないので…」。そして、こう言葉をつないだ。「責任感を持って、優勝を目指します」。真っすぐな目で、きっぱりと言った。

 着実に実績を積み重ねてきた。昨年の世界大会では7位入賞を果たした。準々決勝で敗れた相手は、優勝した島本雄二だった。0-3の旗判定。きわどい勝負に見えた。だが、違った。「自分の中ではダメだなと。雄二先輩との差が分かった」。それでも世界王者との「距離」がつかめた。それが何よりの収穫だった。

 168センチ、82キロ。無差別で争われる今回の出場選手の中では決して大きい方ではない。だが、いったん道着をまとえば、体を一回りも二回りも大きく見せる。パワー満点のラッシュは威力十分で、ギアを一段上げた時の迫力は、全国の中でもトップクラスだ。

 福岡支部のエースと言っていいのでは? そう、聞いてみた。「まだまだ先輩もいらっしゃる。自分なんかがという思いもある」と、謙虚に話した。ただ今大会には福岡支部から若手も多く参戦している。「練習の中で一番の動きをして。そういうのを見てもらえて、一緒に頑張って行けたら」。その背中を見て、後輩たちも多くを学んでいる。

下半身の強化課題

 課題は、下半身の強化。新型コロナウイルスの影響もあり、自粛期間中は実家のジムで黙々と足腰を鍛えるトレーニングに励んだ。ともに出場する長男の智晴、三男の智翔の存在も大きな力となるだろう。

 全日本大会は8強がこれまでの最高成績。ここで日本一の称号を勝ち取ることが出来たなら、世界の頂点を見据える上で、大きな意味を持つことは自身が一番よく分かっている。「一つ一つ、全力で」。短い言葉に、力がこもった。


亀山真 円熟期迎え組手の幅広がる

パワー満点の組手にうまさが加わった亀山

世界大会の雪辱期す

 今回参戦する福岡支部11人の中で最年長。亀山はずっと主力選手として支部をリードしてきた一人だ。「17歳から出ているので。もう、ベテランになるんですかね」。全日本大会や世界大会の常連。円熟期を迎えたと言っていいだろう。

 1年ぶりの実戦だが、早く拭い去りたい記憶がある。日の丸を背負い臨んだ、昨年の世界大会。4回戦でまさかのダウンを喫した。相手の上段前蹴りをもらってしまったのだ。一瞬の気の緩みが命取りだった。悔いが残った。

 その後、新型コロナウイルスの影響で大会が次々と中止になり、悔いを残したあの一戦以来、大会に参加出来ていない。試合で受けた悔しさは、試合で晴らすしかない。やっと巡ってきた機会に「今まで以上に大事な試合。特に他流派には負けられない」と、気合が入っている。

 176センチ、100キロの恵まれた体格を生かしたパワフルな組手が武器。どんどん相手に圧力をかけていくのが持ち味だが、最近はそんな中にも、少し横にずれてみたり変化を付けるようになった。駆け引きや緩急をうまく使えるようになり、組手の幅が広がった。渡辺大士師範代も「最近うまさが出てきた」とうなずく。

 全日本大会の最高成績は4位。「日本の無差別級の王者を決める大会。空手を始めたからには取ってみたいタイトル。出るからには優勝を目指している」。まずは一戦一戦。2日間にわたるタフな決戦の戦い方も心得ている。


江口智晴 長兄4年ぶり全日本参戦

江口3兄弟の長男・智晴が兄の意地を見せる

自分の力試したい

 江口3兄弟の長兄・智晴が4年ぶりに全日本の舞台に帰ってくる。今回が3度目で、6年前は3回戦、4年前は1回戦で敗れた。今大会は「2日目に残ることを目標にして頑張ろうと思っています」と力を込めた。

 空手はずっと続けていたが「自分の力を試したい」と今回の参戦を決めた。次男・雄智の活躍も刺激になった。世界大会7位の弟に「ポスターに載ったりしてすごいな」。もちろん、うれしかったが複雑な思いもあった。それでも「僕なりに頑張ろう」と、自身を稽古に向かわせる刺激に変えた。

 兄弟3人そろって全日本大会に出場するのは2回目。こんなうれしいことはない。「感謝して臨みたいですね。そして、強い兄ちゃんじゃなきゃいけない。空手だけでなく、もちろん仕事でもすごいって思われたい」。長兄としての誇りも忘れてはいない。


江口智翔 下突き生かし初日突破へ

「兄2人に負けない」と意気込む江口智翔

兄に追いつきたい

 3歳で空手を始めた江口智翔が、2人と共に全日本大会に挑む。「2日目に残ることが目標。自分のブロックから他流派や他支部を勝ち上がらせないように頑張りたい」と意気込む。

 そのためには、得意の下突きを生かして、相手に圧力をかけていく組手が出来るか否かがカギとなりそうだ。順当なら2回戦でV候補の加藤大喜(愛知山本道場)と対戦する。強敵だが、今の力を試すには持って来いの相手と言える。

 世界の舞台でも実績を残している一つ上の兄・雄智については、その活躍を喜びながらも「悔しいという思いもある。まずは追いつくところから始めたい。今大会も兄弟で決勝まで行けたら一番いいですね」。挑戦者の気持ちで、持てる力を出し切る覚悟だ。


オンライン有料ライブ チケット発売中
 東京のベルサール六本木で開かれる大会の模様を、オンライン有料ライブで見ることが出来る。チケットは「LINE LIVE-VIEWING」、「ZAIKO」で販売中。新極真会福岡支部のウェブサイトからも購入ページに移動できる。
29日テレQ 来月5日Jスポーツ3で放送
 また、大会の模様はTVQ九州放送で11月29日午後4時~午後5時15分、Jスポーツ3で12月5日午後1時~3時に放送される。

(2020/11/14紙面掲載)

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る