【お薦めの店】福岡市天神「角屋」で味わうクラフトビール「スプリングバレー 豊潤<496>」 アジフライ&酢どりの組み合わせが最高

タップ・マルシェのサーバーから「スプリングバレー 豊潤<496>」を注ぐ杉山店長

「タップ・マルシェ」で注ぐ特別な一杯

 福岡市・天神のど真ん中で、黄色い看板と提灯がひときわ目立つ「角屋(かどや)」。豊富なメニューとリーズナブルな料金設定が売りで、仕事帰りの会社員らにも人気の店だ。

 「まずは一杯」とキリン一番搾り生ビールを注文する人は多いが、最近は個性豊かなクラフトビールも好評だ。店内には、キリンビールが飲食店向けに展開するクラフトビール専用のサーバー「タップ・マルシェ」(https://www.tapmarche.jp/)があり、4種類のビール(1杯500円)の中でも話題の「スプリングバレー 豊潤〈496〉」が一番人気だ。

 同店ではクラフトビールと相性の良い「アジフライの聖地」で知られる長崎県松浦市産を使ったアジフライ(400円)と酢どり(300円)がお勧め=上写真=。杉山幸平店長は「暑くなるこれからの季節はビールが特においしい。コロナの感染防止対策をしていますので、ぜひ立ち寄ってください」と話した。

 午前11時~午後11時(日曜祝日は午後10時30分まで)。元日のみ休み。1階立ち飲み席、地下1階テーブル席の計約50席。福岡市中央区天神2の10の12(角屋食館ビル)。(092・732・7900)

キリンビール「スプリングバレー 豊潤<496>」 リニューアル好評販売中

麦芽“ラガー”の1.5倍

キリンビールは、昨年3月に発売したクラフトビール「スプリングバレー 豊潤〈496〉」の中身をパッケージとともにリニューアルした。

 「ビールが、もう一度始まる。」――。発売以来、「ビールの概念を変えてくれた」と高い評価を得ていた「スプリングバレー 豊潤〈496〉」が、さらにおいしくなった。

 麦芽はキリンラガービールの1・5倍を使用。ホップを7日間漬け込む「ディップホップ製法」により、苦味を抑えながら、ホップの豊かな香りを引き出している。

 これまでは厳選した4種類のホップを使用していたが、新たに希少な国産ホップ「IBUKI」を加えた。上品な香りが特長の「IBUKI」を使用することで、味わいや香りのバランスがさらに高まった。豊潤で雑味のない、きれいな後味を実現している。

 醸造時間やホップ量などに10年の構想をかけ、贅(ぜい)を極めたキリンこん身のクラフトビールだ。

(2022/4/20紙面掲載)

関連記事

過去記事(月別)

ページ上部へ戻る