第17回西日本選抜優勝大会

【初日結果】

(2019/3/23更新)

<中学生の部>

福岡4強 冨野&落合バッテリー活躍

 九州、中四国各地から選抜されたチームによる熱戦が幕を開けた。中学生の部は福岡ボーイズのほか、浮羽、福岡志免ボーイズと福岡県南支部勢が躍進。県外勢は北九州支部所属の宇部ボーイズが4強入りした。小学生の部も福岡県南支部の福岡春日、二日市ボーイズの両チームが初戦突破。苅田ボーイズ(福岡北)と鳥取ボーイズ(山陰)を加えた4チームが勝ち上がった。24日は中学が福岡市東区の雁の巣硬式第一野球場、小学が雁の巣少年野球場でそれぞれ準決勝と決勝が行われる。

福岡ボーイズ 冨野
2安打完封の冨野のもとへ駆け寄る落合ら

最多V4目指す

 福岡ボーイズはバッテリーが活躍して準決勝に駒を進めた。2回戦は中盤まで好機を生かし切れなかったものの、6回、1死二、三塁から4番・捕手の落合が「直球を狙い、甘い球を打てた」と中越えに2点二塁打を放って先制。1年生右腕の冨野は「(前週の)九州さわやか大会では変化球の精度が低かったけど、今回はカーブとチェンジアップが良かった」と2安打完封と好投した。

 

 矢野文夫監督は「冨野がよく投げてくれた。さわやか大会は最後に押し出しの四球でサヨナラ負けしたが、その反省を生かせたかな」とたたえた。第5、6、12回大会のチャンピオンチームが最多4回目の優勝に挑む。 >決勝戦結果

▽1回戦

浮   羽 8-7 広 島 北

京   築 9-5 県央宮崎

福   岡 13-8 黄   城

今治中央 8-3 八 幡 南

筑   後 12-1 米   子

宇   部 8-6 大分七瀬

福岡志免 6-4 桜   島

備   前 5-3 西 田 川

▽2回戦

浮   羽 5-1 京   築

福   岡 2-0 今治中央

宇   部 3-1 筑   後

福岡志免 10-0 備   前


<小学生の部>

福岡春日 逆転サヨナラ突破

福岡春日ボーイズ 小学生の部
5回無死二塁、逆転サヨナラ打の林田(左)が歓喜のホームイン

林田 左中間三塁打

 地元の福岡春日ボーイズ(福岡南)が逆転サヨナラで諫早ボーイズを振り切った。4-5で迎えた5回、無死二塁の好機に、この日9番から5番に上がった林田がライナー性の左中間三塁打を放ち、二塁走者のエース・中村に続き、相手の失策で一気に逆転のホームを踏んだ。この日2安打、2盗塁の5年生・林田は「手応えがあった。4月から主将になるし、最近調子も良かったのでうれしい」と笑顔を見せた。地元春日市のグラウンドで約40人の応援団を背にチームを鼓舞した檪原監督は「3投手ともよく投げたし、5番に上げた林田がよく打った。準決勝の鳥取戦はしっかり守ってリズムを作り接戦に持ち込みたい」と話した。 >決勝戦結果

▽1回戦

二 日 市 3-0 久   万

苅   田 10-4 薩摩南洲

福岡春日 6-5 諫   早

鳥   取 11-1 上 津 役

※3月24日の新聞紙面では選手名フルネーム表記。中学生の部は別カット写真とほか1チームの記事も掲載。3月28日予定の特集紙面では全試合、バッテリー&長打の選手名入りの結果を掲載 バックナンバーお買い求め方法